Loading...

理事長ごあいさつ

牧村 実

理事長 牧村 実
Minoru Makimura

将来産業の育成に向けて

4分野

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、私達の経済活動は大きく妨げられ、近年では最大の経済危機とも捉えられています。しかし、過去の経済危機を振り返ってみると、企業業績の悪化の一方で、外的な経済変化が急速な産業構造の変化をもたらし、産業や技術のイノベーション創出の大きな駆動力になりました。新産業創造研究機構(NIRO)は、阪神・淡路大震災後の産業復興と中長期を見据えた創造的な産業振興を目的に1997年に創立されましたが、この時に得られた経験を生かして、この度の経済危機においても、しっかりと企業の皆様の支援を行っていく所存です。
 当面は世界的な経済の低迷が続くと予想されますが、私達は、アフター・コロナを見据えた新たなビジネスの鼓動に耳を傾けねばなりません。つまり、現在の経済環境の変化が私達の創造的産業振興に与える影響を、リスクとチャンスの両面から考えることが必要です。また、中長期の視点で取り組むべき将来産業については、現在の経済動向を考慮しつつも、将来の市場動向を見据えた戦略の構築が不可欠です。

   

 NIROは、このように社会動向をしっかり俯瞰しながら、新産業創造による地域創生を目指し、「環境・エネルギー」、「DX(デジタルトランスフォーメーション)」、「健康・医療」、「航空・宇宙」という、特に地元の活力を生かして高い成長が見込まれる将来産業4分野、ならびに、特徴ある「地域産業」に注力して取り組むとともに、これらを支える「ものづくり」、「知財」の技術基盤を強化しています。

 

 「環境・エネルギー」の分野では、「脱炭素」の切り札のひとつである「水素」に特に注目しています。地元ポートアイランドでは、既に水素発電によるエネルギー供給実証試験が行われ、さらに今年は、水素大量輸送の実現を目指し、世界初の液化水素運搬船が、豪州で製造した水素を神戸空港島の液化水素荷役基地へ運びます。このような「水素サプライチェーン」の実証は、ここ兵庫の地から世界に向けて大きなインパクトを与えます。NIROは、来たるべき水素社会に向けて、水素関連製品の市場動向を予測し、当分野に進出する中堅・中小企業の皆様の開発への道標をご提供します。

 

 「DX」の分野では、ICTやロボットの導入による人材不足解消、技能継承、生産効率化などの旧来からの課題解決に加えて、デジタル技術により企業や社会そのものを変革しようとする期待が高まっています。NIROは、「IoT・AI・ロボット導入相談窓口」などに日々寄せられる相談に対し、現場まで伺って皆様と一体となり取り組むことで、中堅・中小企業の皆様に対するDX導入へのハードルを下げ、ビジネススタイルの革新に取り組んでいます。

 

 「健康・医療」の分野では、日本最大のバイオメディカルクラスターを有する神戸ポートアイランドという地の利を生かしながら、再生医療分野における研究開発ネットワークの形成、周辺地域中核企業の成長支援事業などを通じて、企業シーズのマッチングから試作品・製品の開発までの一貫支援による新産業創出を図っています。

 

 「航空・宇宙」の分野は、現在、コロナ禍の影響を受けて厳しい状況ですが、中長期的には成長分野であることに依然変わりはありません。再び不死鳥のように飛翔するために、航空機需要が以前の水準に戻る2024年頃までは、じっくりと実力を蓄えます。一朝一夕では成り立たない分野だけに、航空機の電動化、ものづくりのデジタル化、といった将来に向けた新たな動きに対しても、しっかり取り組んでいきます。

 

 今日、明日、明後日(短期、中期、長期)を見据えたこれらの活動は、国内外の大学・先端的研究機関、賛助会員・地元企業、産業支援機関、金融機関、および、自治体の方々と有機的に協力・連携して取り組んでまいります。皆様には一層のご支援とご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

ページトップへ