Loading...

理事長ごあいさつ

牧村 実

理事長 牧村 実
Minoru Makimura

将来産業の育成に向けて


 新産業創造研究機構(NIRO)は、阪神・淡路大震災後の産業復興と中長期を見据えた創造的な産業振興を目的に1997年に創立されました。その後、地元経済は堅調な産業復興を遂げましたが、我々を取り巻く世の中の動向は刻々と変化しています。
 今日の不安定な国際情勢の他、我が国が根本的な課題として抱えるCO2削減とエネルギー問題、少子高齢化など、こうした課題は地元企業の経営にも直接に影響を及ぼしています。

 

 NIROでは今後の高い成長性が見込まれる「ロボット・AI・IoT」、「航空機・航空エンジン」、「環境・エネルギー」、「健康・医療」の将来産業4分野及び特色ある「地域産業」、さらにこれらを支える「ものづくり」、「知財」の技術基盤に注力していますが、社会の変化と連動して、これらの分野における支援の要求はますます高まっています。これらの要求に対するNIROの取り組み例をいくつかご紹介します。

 

 NIROに設けている「ロボット・AI・IoT導入相談窓口」には、各種業界・企業の皆様からたくさんの導入相談が寄せられていますが、この分野で豊富な企業経験をもつコーディネーターが実際に現場を訪問して、導入をご支援しています。例えば、精密機械部品の表面キズの検査など、従来は熟練者にしか行えなかった特殊作業をロボットやAI(人工知能)によって対応できるようになってきました。この背景には、人と一緒になって作業できる協働ロボットの登場やAI技術の進歩があります。

 

 「航空機・航空エンジン」の分野では、近畿経済産業局及び関西経済連合会と一体となり、「関西航空機産業プラットフォームNEXT」として、中堅・中小企業の皆様の「航空機産業」への参入及び事業拡大を支援しています。これまで、参入への課題となる「認証の取得」「大手企業とのマッチング」「複数工程一貫受注を目指した中核企業への支援」等に取り組んできましたが、2019年度からは、今後の開発が望まれている「機体システムや推進機の電動化」、「自動化などによる高度生産システム」等についても議論を進めています。

 

 「環境・エネルギー」の分野では、エネルギーの安定確保とCO2排出削減を同時に解決する切り札の一つとして「水素」に注目しています。地元では水素先進地域となるべく、実証事業が続いています。ポートアイランドでの水素発電によるエネルギー供給実証に続き、2020年には神戸空港島にて液化水素の荷役基地の実証が始まります。また、水素大量輸送に向け、豪州と連携した壮大なプロジェクトの幕開けで、世界初の液化水素運搬船の進水式が昨年末に行われました。NIROでは水素社会に向けて、今後求められる製品の市場や動向の予測を立て、水素産業に進出する中堅・中小企業の皆様の開発や実績作りへの道標となることを目指します。

 

 これらの活動は、国内外の大学・先端的研究機関、賛助会員・地元企業、産業支援機関、金融機関及び自治体の方々と有機的に協力・連携して取り組んでまいります。皆様には一層のご支援とご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

 
ページトップへ