Loading...

お知らせ

【9/10 Web開催】NIROリモート勉強会/第6回「2度の太平洋横断チャレンジから得た絶望を希望に変える生き方」(講師:岩本式タフメンタルトレーナー 岩本光弘 氏)

全盲ヨットマンとして世界で初めて太平洋横断された
岩本光弘氏のご講演(米国西海岸サンディエゴから)を
週末、ご家族でご聴講下さい!

◆日時:2022年9月10日(土) 10:00 ~ 11:00 頃
◆開催形式:Zoom
◆参加費:無料
 



 「2度の太平洋横断チャレンジから得た
          絶望を希望に変える生き方」



  岩本式タフメンタルトレーナー
  :全盲ヨットマンとして世界で初めて、13,000km無寄港、太平洋横断

        講師:岩本光弘
講師紹介:
岩本光弘(いわもと・みつひろ)
アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴ在住。
全盲のヨットマン。多感な思春期である13歳の時に残存視力を少しずつ失い始め、16歳で全盲となる。当時は自分が視覚障害だという現実を受け止められず、ある日母親から「安全に歩くためにはこの杖を使いなさい」と言われた時も「俺はめくらなんかじゃない!」と杖を投げ返した。
ついに全盲となった16歳の夏休み、人の迷惑にしかならない人生なら死んだ方がましだ、生きる意味などない、そう思った私は、橋から海に飛び込んで自殺しようと試みる。しかし、怖くてどうしても死ねなかった。
そんな少年時代の経験を経て、やがて私は、どんな出来事にも意味を見出す事で、自分の人生を絶望から希望に変える事が出来るのだと気付く。

現在、タフメンタルトレーナーとして、日米の小中学校・会社や病院での社員研修などで、生きることの意味や価値を伝えながら、人々に勇気と希望のメッセージを伝え続ける。ブラインドセーラーとしても活動し、2013年にはニュースキャスター辛抱治郎氏と夢のヨットでの太平洋横断に挑戦。ハーフマラソンやトライアスロン、アイアンマンにも挑戦。
そして2019年4月、ついにダグラス・スミス氏と共に、全盲ヨットマンとしては世界初となる、13000km無寄港、太平洋横断に成功する。
何事にもチェレンジする勇気と実行力の価値を、身をもって世界に伝え続けている。

◇主 宰:神野 克彦
◇事務局:(公財)新産業創造研究機構(NIRO)

◇お問合せ:(公財)新産業創造研究機構(NIRO)支援企画部
 TEL: 078-306-6806 Email:shien-event@niro.or.jp

ページトップへ