Loading...

お知らせ

【6/21~8/9 Web開催】AI技術を探る「異常・異変の予兆を捉える」~複雑かつ限られた少数データから最適な推測を可能とするために」(兵庫県地域活性化雇用創造プロジェクト:健康・医療分野)

(1)事業の目的


近年、健康・医療分野においても、深層学習などのAI技術を活用した多種多様なシステムの開発が行われています。AIの効果的実装を目論み、昨年度は「多様体学習周辺の数理を探る」と称し、AI性能を左右するデータ多様体(入出力間の潜在空間《埋め込み空間》)の構造を探り、AI設計参考の一助としました。
今回は、その続編として、多様体学習を振り返りつつ(第1、2回研修で昨年度のレビューを行います)、それを基盤に具体的な実装テーマ「異常・異変を検知・予測する」を想定し、それに即した必要なAI知識を研修します。
このテーマは、医療・健康分野のみならず、あらゆる分野で効果的なAI実装が渇望され技術開発が行われつつある内容になっています。

(2)募集内容


◆開催日時:2022年6月21日(火)~8月9日(火) 10:00 ~ 12:00(全8回)
◆開催方法:オンライン(Zoom) ◆募集人数:10名程度 ◆参加費:無料

◆研修講師:兵庫県立大学 名誉教授、特任教授(人工知能研究教育センター顧問)
      兵庫県立工業技術センター技術参与(非常勤) 松井伸之 氏

◆主催:(公財)新産業創造研究機構 技術移転部門 健康・医療部

(3)研修内容

  日時 内容 
1 6/21(火)10:00-12:00 多様体学習を展望する(レビュー)①
~その背景、必要性、狙い
2 6/28(火)10:00-12:00 多様体学習を展望する(レビュー)②
~サポートベクトルマシン、確率推論、Belief netを眺める
3 7/5(火)10:00-12:00 異常検知・変化検知技術の展望
~異常検知・変化検知の基本的考え方
4 7/12(火)10:00-12:00 多様体学習と異常検知
~深層学習による異常検知を展望する
5 7/19(火)10:00-12:00  異常検知のためのエネルギーベースドモデル(EBM)周辺を探る①
~EBMとは何か、基礎を探る
6 7/26(火)10:00-12:00  異常検知のためのエネルギーベースドモデル(EBM)周辺を探る②
~EBMにおけるコントラスティブ手法の利点を学ぶ
7 8/2(火)10:00-12:00  異常検知のためのエネルギーベースドモデル(EBM)周辺を探る③
~EBMと敵対的生成ネットワーク(GANs)
8 8/9(火)10:00-12:00  EMB学習の効果的な異常検知・変化検知の応用を探る
~相互に依存し、相互に制約しあっている多変数入力から出力変数を予測する

(4)募集期間


2022月6月1日(水)~6月15日(水) 

(5)受講者条件


  • 兵庫県内に事業所があり、健康・医療分野での事業拡大、新規事業立ち上げを目指している企業に所属していること。
  • 雇用に関する調査に協力できること。
  • 「兵庫県地域活性化雇用創造プロジェクト」に参加登録していること (会費無料)。
  • 線形代数、微積分を理解していることが望ましい(大学1,2年程度)。

(6)お問合せ先


事務局:公益財団法人 新産業創造研究機構 技術移転部門 健康・医療部
担当:北川(きたがわ)Email:kenko-iryo@niro.or.jp
ページトップへ