Loading...

お知らせ

【6/14 , 30 Web開催(2日間コース)】現場カイゼンの基礎:IE(インダストリアルエンジニアリング)入門

 人気の講習のエッセンスをオンラインで!! 

 第3回IoT・スマートものづくりスクール 


IoT・AIの時代でも生産性向上の基本は依然として現場改善にあります。生産性向上を体系的に行うための手法、IE(インダストリアル・エンジニアリング)の入門編として、ムダ排除のための基本原則を学びます。

 ◆開催日時:2021年6月14日(月)、30日(水) 14:30~17:00 2日間コース(1日だけの参加も可能です)
 ◆開催方法:オンラインセミナー
  【ご参加に必要な機材】
  ・パソコン(Windows 又は Mac) 又はスマホ・タブレット(Android又はiOS)
  ・インターネットに接続し、動画表示と音声の再生が必要です。カメラ・マイクは必要ありません。

 ◆対象:兵庫県内のものづくり企業の経営者、生産管理、製造部門の方
     ※特に製造現場の改善推進担当者、リーダー候補、現場作業者などでIEを初めて学ぶ方にお勧めします。
 ◆定員:100名

 ◇主催:神戸市、新産業創造研究機構(NIRO)

・講師:大阪工業大学 工学部 環境工学科 教授 皆川 健多郎 氏

   
・カリキュラム

◆1日目:2021年6月14日(月) 14:30~17:00
 原理・原則で考えるムダの着眼点

 (1)日本のモノづくりの現状、世界の労働生産性
 (2)IE(インダストリアル・エンジニアリング)とは?
 (3) 能力を発揮する現場づくりのための動作経済の原則
 (4) ムダ発見の演習(オンライン) 
   ※講師の作業状況を見て、ムダを発見、改善を提案
 (5) 事例紹介(作業負荷の見える化、作業時間の測定)

◆2日目:2021年6月30日(水) 14:30~17:00 
 良い流れをつくる

 (1)改善の着眼点・手順(ECRSの原則)
 (2)モノの流し方の違い(ロット生産と1個流し生産)
 (3)ラインバランス分析の考え方
 (4) 流れ改善の演習(オンライン) 
   ※作業の動画を見て、流れにおける問題発見、改善を提案
 (5) 事例紹介(目視検査環境の改善、現場の見える化)

◆開催の狙い:
 IoT・AIの時代でも生産性向上の基本は依然として現場改善にあります。
 生産性向上を体系的に行うための手法、IE(インダストリアル・エンジニアリング)の入門編として、
 ムダ排除のための基本原則を学びます。

 ◇問合せ先:新産業創造研究機構(NIRO) 技術支援部門ものづくりIoT技術部
        担当:玉垣(たまがき)、小林(こばやし)
        TEL:078-306-6806  E-mail: iot-event@niro.or.jp

ページトップへ