Loading...

ものづくり試作開発支援センター

ものづくり試作開発支援センター 概要

神戸市兵庫区の神戸市ものづくり工場内にある神戸リエゾンラボの中核施設としてNIROものづくり試作開発支援センターが設置されています。センターでは、3次元CADの活用を中心として、中小企業のものづくりを支援しています。当センターでは製品開発における製品企画から製品化に至るまでのステップごとに支援が行えるような「ものづくり一貫支援システム」を構築しています。

これらの支援により皆様のものづくり技術の高度化、開発期間短縮、低コスト化にお役に立てるものと考えています。

また、当センターでは機器・ソフトの利用に関するセミナーを開催して利用者の利便性を図ると同時に、技術相談、デザイン相談もお伺いしておりますので、気楽にお声掛けいただくようにお待ちしています。

機能と相談フロー

システム活用による製品開発のフロー

  • 3次元CAD等のインストラクターの指導を受けながら 製品の企画から試作、加工まで一貫した支援が可能です。
  • 開発の過程での様々な問題点は技術アドバイザーを活用して解決を図ります。
  • 材料代等の実費相当分を頂戴しております。
  • 最終製品を想定してのデザイン面からの支援も可能です。
新製品開発の流れ

特徴:製品企画から試作さらに製造までをネットワーク化し、3Dデジタルデータで一括処理

当センターの主機能 相談→製品企画→概念設計→詳細設計→試作→製造→検査→製品化

用語説明
CAD:computer aided design(コンピューター援用設計システム)
CAM:computer aided manufacturing(コンピューター援用製造システム)
CAE:computer aided engineering(コンピューター援用エンジニヤリングシステム)
CAT:computer aided testing(コンピューター援用検査)

技術アドバイザー派遣

NIROでは、経験豊富な技術専門家OBを技術アドバイザーとして登録し、中小企業のみなさまからの相談にお応えしています。技術的な問題に限らず、工業デザイン、開発補助金申請、特許・契約、販路開拓のアドバイス等幅広い分野についてご相談をお受けしています。お寄せいただいたご相談につきましては、秘密を厳守し、取り扱いには十分注意いたします。派遣にかかる費用は原則3回まで無料です。ただし、相談回数、相談内容によっては費用を頂戴する場合がございます。当センターでも受け付けておりますので、まずはご相談ください。

新製品開発を支える知識や機械操作を習得するセミナー等の実施

NIROでは新製品の開発を支える新しい知識や情報を提供するセミナーを実施しています。
また、効率的な設計や製造を行うことができるコンピュータシステムの操作を学ぶセミナーも実施しています。

  • 3Dプリンタセミナー(最新情報、利用事例紹介)
  • 3次元CADセミナー(初級者向け、中級者向け)
  • 3次元CAEセミナー(熱流体解析)
  • 5軸加工セミナー(理論編、CAMプログラム実習編)
  • CATIA V5 体験セミナー(初級者向け)
ページトップへ