Loading...

5.現場改善 DX「 DX研修受講者募集「DX実践・人材育成事業(メニュー型)」

5.現場改善 DX 研修メニュー

研修番号 02-①研修番号 03-②研修番号 03-③研修番号 04-①研修番号 04-②研修番号 04-③研修番号 05-①研修番号 09-①研修番号 10-①

・研修名:中小製造業向け 利益体質への変革のための「IT経営財務」と「IT経営幹部育成」

・研修事業者名
 (株)テクノア

・受講対象者(目安)
 経営・企画/財務・管理/生産・製造

» 「研修02-①」の詳細・お申込みはコチラから

・研修名:現場作業へのリモート指示システムの活用
 ~Dynamics365RemoteAssist/Guides活用支援サービス~

・研修事業者名
 (株)神戸デジタル・ラボ

・受講対象者(目安)
 生産・製造

» 「研修03-②」の詳細・お申込みはコチラから

・研修名:IoT構築システムの活用による IoT人財の育成
 ~MODE IoT Solution の活用による IoT システムの構築~

・研修事業者名
 (株)神戸デジタル・ラボ

・受講対象者(目安)
 生産・製造

» 「研修03-③」の詳細・お申込みはコチラから

・研修名:IoT・AI活用セミナー

・研修事業者名
 アスカカンパニー(株)

・受講対象者(目安)
 経営・企画/生産・製造

» 「研修04-①」の詳細・お申込みはコチラから

・研修名:夜間無人化工場セミナー

・研修事業者名
 アスカカンパニー(株)

・受講対象者(目安)
 経営・企画/生産・製造

» 「04-②研修」の詳細・お申込みはコチラから

・研修名:外観検査カメラセミナー

・研修事業者名
 アスカカンパニー(株)

・受講対象者(目安)
 生産・製造

» 「04-③研修」の詳細・お申込みはコチラから

・研修名:グループウェアを活用した業務改革人材の育成
 ~DX人材育成 with kintone~

・研修事業者名
 (株)Be Magical Solutions

・受講対象者(目安)
 全部署の方(どなたでも)

» 「05-①研修」の詳細・お申込みはコチラから

・研修名:3S/5S活動をベースにした人材育成とデジタル改革

・研修事業者名
 枚岡合金工具(株)

・受講対象者(目安)
 全部署の方(どなたでも)

» 「09-①研修」の詳細・お申込みはコチラから

・研修名:成果のでる中小企業向けDX推進術

・研修事業者名
 i Smart Technologies(株)

・受講対象者(目安)
 生産・製造

» 「10-①研修」の詳細・お申込みはコチラから

研修番号 02-①
中小製造業向け 利益体質への変革のための「IT経営財務」と「IT経営幹部育成」(研修事業者:(株)テクノア)

◆研修種別のスタイル:講座
◆研修の内容:収益改善のヒントは決算書にあり!出荷本数ナンバーワン生産管理パッケージメーカーの中小企業診断士が個社の実情に合わせたアドバイスを行います。財務、会計システムにおける決算書や管理会計データの活用などの座学を行うとともに、御社の実情に合わせた原価管理システムの在り方についてアドバイスを行うことで、幹部・従業員の原価意識を高め、収益改善を目指します。
◆研修受講対象者や受講対象企業(目安):・中小製造業の経営者 ・実現可能な中期経営計画を立てたい中小製造業 ・IT経営で収益改善を図りたい中小製造業
◆受講者の水準や予備知識(目安):特になし
◆研修の詳細
・日数、時間数:6日間
・日程:受講企業と調整
・開催場所:受講企業訪問(ただし、コロナ禍の状況によって、お客様と相談の上、リモート開催へ切り替える場合があります)
◆その他
・研修を受講する単位やスタイル:会社別 / プライベート研修
・参加上限:最大10名参加可能
・受講企業負担分:なし
◆研修事業者詳細
・研修事業者名:株式会社テクノア
・担当者:中小企業診断士 荒井 哲 Email:satoshi.arai@technoa.co.jp  TEL:080-3244-7525
◆研修の詳細資料
https://it-keiei.technoa.co.jp/
※各研修の内容や日程などについて確認したい場合は「本研修事業の担当者」に直接お問い合わせください。

研修番号 03-②
現場作業へのリモート指示システムの活用~Dynamics365RemoteAssist/Guides活用支援サービス~(研修事業者:(株)神戸デジタル・ラボ)

◆研修種別のスタイル:ワークショップ
◆研修の内容:Dynamics365(Remote Access /Guides)は、保守作業などを行う作業員から見える映像をオフィスでシェアしながら、スマホやゴーグルに作業指示を投影できるソフトウェアである。現場業務にいわゆるMR(MixedReality)技術を活用することで、新人育成、技術継承、人材配置の面で費用対効果の向上を図ることができます。MR技術の専門家が現場活用における課題を現場にて講習することで支援し、低コストかつ短期間で導入可能となります。
◆研修受講対象者や受講対象企業(目安):製造業、鉄鋼業、化学工業、建築業など
・RemoteAssist/Guides未導入の企業様
・HoloLens2を購入したが利用法が分からない企業様
◆受講者の水準や予備知識(目安):・RemoteAssist、Guidesの予備知識:不必要
・Microsoft社とのDynamics365のアカウントを準備できること
・講習用PC、インターネットWiFi接続環境、デバイス(Hololens2)を準備できること
◆研修の詳細
・日数、時間数:出張サポート:6-8時間、FAQサポート:受講企業と調整
・日程:受講企業と調整
・開催場所:受講企業オフィス
◆その他 ・研修を受講する単位やスタイル:会社別 / プライベート研修
・参加上限:10名(実機デモは最大3名程度)
・受講企業負担分:サブスクリプション契約費(およそ1万円/アカウント・月:2021/08/16現在)、HoloLens2デバイスレンタル費(1デバイスにつき6万円/月、購入の場合は1デバイスにつき約38万円(税別))、インターネット通信費(Wifi接続環境)、Windows 10 搭載のノートPC
・Dynamics365 RemoteAssist利用料
https://dynamics.microsoft.com/ja-jp/mixed-reality/remote-assist/pricing/
Dynamics365 Guides利用料
https://dynamics.microsoft.com/ja-jp/mixed-reality/guides/pricing/
Hololens2 購入
https://www.microsoft.com/ja-jp/hololens/buy
◆研修事業者詳細
・研修事業者名:株式会社神戸デジタル・ラボ
・担当者:角田 俊 Email:kakuda@kdl.co.jp  TEL:078-327-2280(代表)
◆研修の詳細資料
https://www.kdl.co.jp/service/dynamics365/
※各研修の内容や日程などについて確認したい場合は「本研修事業の担当者」に直接お問い合わせください。

研修番号 03-③
IoT構築システムの活用による IoT人財の育成~MODE IoT Solution の活用による IoT システムの構築~(研修事業者:(株)デジタル・ラボ)

◆研修種別のスタイル:実習
◆研修の内容:IoTシステム開発の概要として、IoT市場やIoT向けクラウドサービスの機能や技術を講義形式で受講した後、IoTシステムのセットアップからセンサーとクラウドシステムとの接続に続いて、データ収集・分析、APIを使った外部システムとの連携プログラミングまでを実習形式で体験できます。
◆研修受講対象者や受講対象企業(目安):製造業、鉄鋼業、化学工業、建築業など
・センサデータの取得とそのデータ分析に取り掛かりたい企業様
◆受講者の水準や予備知識(目安):・PCで事務作業、ファイルやブラウザの操作ができる事
・講習用PC、Webブラウザ Google Chrome、インターネット WiFi接続環境、アカウント登録用メールアドレスを準備できること
◆研修の詳細
・日数、時間数:5時間
・日程:受講企業と調整
・開催場所:受講企業オフィス
◆その他
・研修を受講する単位やスタイル:会社別 / プライベート研修
・参加上限:5名
・受講企業負担分:インターネット通信費
◆研修事業者詳細
・研修事業者名:株式会社神戸デジタル・ラボ
・担当者:  村岡正和 Email:muraoka@kdl.co.jp  TEL:078-327-2280(代表)
◆研修の詳細資料

※各研修の内容や日程などについて確認したい場合は「本研修事業の担当者」に直接お問い合わせください。

研修番号 04-①
IoT・AI活用セミナー(研修事業者:アスカカンパニー(株))

◆研修種別のスタイル:ワークショップ
◆研修の内容:弊社が運用しているIoT・AI活用事例を工場見学を交えて、ご紹介します。その他、型締力を利用したAIシステムでの故障予知や品質不良判定の事例、成形条件データのIoT活用事例等を解説します。
◆研修受講対象者や受講対象企業(目安):経営者、工場のIoT化を担当する、現場リーダー・管理者・生産技術担当者など
◆受講者の水準や予備知識(目安):特になし
◆研修の詳細
・日数、時間数:10時~15時の5時間(昼食休憩を含む)
・日程:受講企業と調整
・開催場所:兵庫県加東市 当社本社工場で実施
※工場見学については当面の間、通路からの見学、動画紹介、現場中継にて対応致します。どうしても工場内の見学を希望される場合は、別途ご相談下さい。(ご来社3日以内のPCR検査実施など)
◆その他
・研修を受講する単位やスタイル:会社単位 / プライベート研修
・参加上限:最大4名参加可能
・受講企業負担分:昼食代、最寄り駅(新神戸・姫路・加古川)等までの往復交通費(駅から工場までは弊社が送迎します)
◆研修事業者詳細
・研修事業者名:アスカカンパニー株式会社
・担当者:プロジェクトマネジメント部 西脇千帆
 Email:chiho-nishiwaki@askacompany.co.jp  TEL:072-624-3138
◆研修の詳細資料
https://askacompany.co.jp/seminar/seminar-iot-ai/
※各研修の内容や日程などについて確認したい場合は「本研修事業の担当者」に直接お問い合わせください。

研修番号 04-②
夜間無人化工場セミナー(研修事業者:アスカカンパニー(株))

◆研修種別のスタイル:ワークショップ
◆研修の内容:弊社が「経営の視点」と「技術的な視点」の両面から夜間無人化に取り組んで得た、無人化の進め方や実践方法をご紹介します。夜間無人化操業とIoTの組み合わせによる品質保証方法など、工場見学を交えながら解説します。
◆研修受講対象者や受講対象企業(目安):経営者、現場リーダー、管理者、生産技術担当者など
◆受講者の水準や予備知識(目安):特になし
◆研修の詳細
・日数、時間数:10時~15時の5時間(昼食休憩を含む)
・日程:受講企業と調整
・開催場所:兵庫県加東市 当社本社工場で実施
※工場見学については当面の間、通路からの見学、動画紹介、現場中継にて対応致します。どうしても工場内の見学を希望される場合は、別途ご相談下さい。(ご来社3日以内のPCR検査実施など)
◆その他
・研修を受講する単位やスタイル:会社単位 / プライベート研修
・参加上限:最大4名参加可能
・受講企業負担分:昼食代、最寄り駅(新神戸・姫路・加古川)等までの往復交通費(駅から工場までは弊社が送迎します)
◆研修事業者詳細
・研修事業者名:アスカカンパニー株式会社
・担当者:プロジェクトマネジメント部 西脇千帆
 Email:chiho-nishiwaki@askacompany.co.jp  TEL:072-624-3138
◆研修の詳細資料
https://askacompany.co.jp/seminar/unmanned-operation-at-night/
※各研修の内容や日程などについて確認したい場合は「本研修事業の担当者」に直接お問い合わせください。

研修番号 04-③
外観検査カメラセミナー(研修事業者:アスカカンパニー(株))

◆研修種別のスタイル:実習
◆研修の内容:弊社プラスチック成形品を例に、画像処理カメラを用いて製品検査のOK,NG判定を行う「検査設定の作成」を体験していただきます。また、カメラに眠っているビッグデータを活用し、生産状況を見える化した事例等も解説いたします。
◆研修受講対象者や受講対象企業(目安):カメラ検査の導入を考えておられる企業様
カメラ検査を導入したが使い方が分からない方など
◆受講者の水準や予備知識(目安):特になし
◆研修の詳細
・日数、時間数:10時~17時の7時間(昼食休憩を含む)
・日程:受講企業と調整
・開催場所:兵庫県加東市 当社本社工場で実施
※工場見学については当面の間、通路からの見学、動画紹介、現場中継にて対応致します。どうしても工場内の見学を希望される場合は、別途ご相談下さい。(ご来社3日以内のPCR検査実施など)
◆その他 ・研修を受講する単位やスタイル:会社単位 / プライベート研修
・参加上限:最大3名参加可能
・受講企業負担分:昼食代、最寄り駅(新神戸・姫路・加古川)等までの往復交通費(駅から工場までは弊社が送迎します)
◆研修事業者詳細
・研修事業者名:アスカカンパニー株式会社
・担当者:プロジェクトマネジメント部 西脇千帆
 Email:chiho-nishiwaki@askacompany.co.jp  TEL:072-624-3138
◆研修の詳細資料
https://askacompany.co.jp/seminar/seminar-camera-inspection/
※各研修の内容や日程などについて確認したい場合は「本研修事業の担当者」に直接お問い合わせください。

研修番号 05-①
グループウェアを活用した業務改革人材の育成~DX人材育成 with kintone~(研修事業者:(株)Be Magical Solutions)

◆研修種別のスタイル:実習
◆研修の内容:初めての方でも、簡単にアプリを作成できるグループウェアkintoneの使い方と、活用方法を基本からレクチャーします。全く素人の方が1日研修を受けるだけでアプリを作れるようになります。2日目からはユーザー様が作ったアプリで「できなかったこと」を解決するための「考え方」と具体的な「解決方法」を全体でシェアをしながら学びを深めます。
◆研修受講対象者や受講対象企業(目安):ITツールを活用し「業務の省力化」や、「新しい価値提供」。または「組織風土を変化させたい」全企業様対象
◆受講者の水準や予備知識(目安):パソコンが触れる(抵抗感がない)レベルで問題ありません。予備知識は一切不要です。
◆研修の詳細
・日数、時間数:6日✕6時間(10:00-17:00)
・日程:受講企業と調整
・開催場所:受講企業様にて開催いたします
◆その他
・研修を受講する単位やスタイル:会社別 2週間~1か月に1回開催/プライベート研修
・参加上限:最低3~5名が希望、上限不問
・受講企業負担分:なし
◆研修事業者詳細
・研修事業者名:株式会社Be Magical Solutions
・担当者:  中小企業IT活用研究所 稲澤、増田、真崎 Email:office@bemagical.jp  TEL:079-448-8855
◆研修の詳細資料

※各研修の内容や日程などについて確認したい場合は「本研修事業の担当者」に直接お問い合わせください。

研修番号 09-①
3S/5S活動をベースにした人材育成とデジタル改革(研修事業者:枚岡合金工具(株))

◆研修種別のスタイル:(講座と実習)
◆研修の内容:3S活動によりDX変革を遂げた町工場の代表が、御社を訪問し現場を調査の上 現場の課題点を分析し改善策を一緒に実践・指導していきます。改善活動の中で業務効率アップに繋がるデジタル化の提案を指導し、DX人材の育成を図ります。
【第1回】DX化に向けた事前調査
【第2回】デジタル化への取組み目標の設定とキックオフ大会
【第3回】場所・モノの3Sから情報の3Sへ(IT化の講演)
【第4回】枚岡合金にてビジネスモデル変革とIoT化の体験学習
◆研修受講対象者や受講対象企業(目安):3S/5S活動がマンネリ化し継続できていない企業
・3S/5S改善活動により社員の意識の変革を図り、デジタル化による生産革新を目指す企業
◆受講者の水準や予備知識(目安):特になし
◆研修の詳細
・日数、時間数:1回3時間×4回コース
・日程:受講企業と調整
・開催場所:受講企業の工場,事務所(3回)、枚岡合金工具(1回)
◆その他
・研修を受講する単位やスタイル:会社別/プライベート研修
・参加上限:最大15名参加可能
・受講企業負担分:(第4回・受講企業の社員)メトロ千日前線「北巽」駅までの交通費
◆研修事業者詳細
・研修事業者名:枚岡合金工具株式会社
・担当者:古芝(ふるしば)弘行 Email:hf7@sg-loy.co.jp  TEL:070-1822-0843(直通)06-6758-2001
◆研修の詳細資料 https://sg-loy.com/event/consulting/
※各研修の内容や日程などについて確認したい場合は「本研修事業の担当者」に直接お問い合わせください。

研修番号 10-①
成果のでる中小企業向けDX推進術(研修事業者:i Smart Technologies(株))

◆研修種別のスタイル:講座・ワークショップ・実習
◆研修の内容:IoTを活用し、基礎から実践までを3stepで支援します。
 ①IoT活用術講義
 ②IoT体験型学習
 ③IoT活用実践講座
◆研修受講対象者や受講対象企業(目安):製造現場管理者(班長~部長まで) ※設備を使わない現場を除く
◆受講者の水準や予備知識(目安):製造現場従事経験者 / 製造業生産技術者
◆研修の詳細
・日数、時間数:web講座:1H~2.5H/回×6回 現地実習:3H/回×2回 8日間
・日程:受講企業と調整
・開催場所:web講座(愛知県)×6回・現地:兵庫県会場×1回・各企業×1回
◆その他
・研修を受講する単位やスタイル:会社別 / ①②は集合研修 ③はプライベート研修  ※5.概要参照
・参加上限:2社 ※1社当たり3名
・受講企業負担分:なし
◆研修事業者詳細
・研修事業者名:i Smart Technologies株式会社
・担当者:鳥居克成 Email:katsu-torii@istc.co.jp  TEL:090-1272-2383 ◆研修の詳細資料 https://www.istc.co.jp/service/iotkaizen_m-2
※各研修の内容や日程などについて確認したい場合は「本研修事業の担当者」に直接お問い合わせください。
ページトップへ