研究開発のコーディネート、特許・技術の移転・活用、中小企業の技術支援 (公財)新産業創造研究機構のサイトです。
NIRO
公益財団法人 新産業創造研究機構
English サイトマップ お問い合わせ
ホームに戻る 理事長ごあいさつ 財団の概要 NIROの機能・役割 アクセス
競争的資金の獲得を支援し、研究開発のコーディネートします 特許等の知的財産を通じた技術移転等による事業化を支援します 技術力向上支援や産学連携の推進により、ものづくりを支援します
トップページ > 研究開発コーディネート >
研究・調査活動の概要
> 神戸RT(ロボットテクノロジー)構想の推進(神戸ロボット研究所) > これまでの研究開発プロジェクト
研究開発コーディネート
競争的資金による研究開発の例 研究・調査活動の概要 競争的資金とは
研究・調査活動の概要
神戸RT(ロボットテクノロジー)構想の推進(神戸ロボット研究所)
これまでの研究開発プロジェクト
兵庫県 兵庫県COEプログラム推進事業
聴覚・言語障害者用緊急連絡システム(平成15年度)
概要  緊急時において、聴覚・言語障害者は情報の入手や伝達に非常に不便や不安を感じている。これに対し、携帯電話からのメールによる通報を受け付ける警察や消防は増えているが、メールには輻輳に伴う時間遅延や場所特定の困難さ等の課題がある。本研究では双方向性文字通信を含む速やかなやり取りを実現し、同時に、GPSやカメラといった通報者の携帯電話の機能に応じた情報、電柱や街路灯の管理番号等によって正確な通報場所を伝えるシステムを構築する。
参画機関 ・代表機関:
  (公財)新産業創造研究機構
・構成機関:
  兵庫県立福祉のまちづくり工学研究所、兵庫県立工業利術センター、
  岡山理科大学、川重テクノサービス(株)
兵庫県 兵庫県COEプログラム推進事業
聴覚・言語障害者用緊急連絡システム(平成15年度)
概要  緊急時において、聴覚・言語障害者は情報の入手や伝達に非常に不便や不安を感じている。これに対し、携帯電話からのメールによる通報を受け付ける警察や消防は増えているが、メールには輻輳に伴う時間遅延や場所特定の困難さ等の課題がある。本研究では双方向性文字通信を含む速やかなやり取りを実現し、同時に、GPSやカメラといった通報者の携帯電話の機能に応じた情報、電柱や街路灯の管理番号等によって正確な通報場所を伝えるシステムを構築する。
参画機関 ・代表機関:
  (公財)新産業創造研究機構
・構成機関:
  兵庫県立福祉のまちづくり工学研究所、兵庫県立工業利術センター、
  岡山理科大学、川重テクノサービス(株)
兵庫県 兵庫県COEプログラム推進事業
聴覚・言語障害者用緊急連絡システム(平成15年度)
概要  緊急時において、聴覚・言語障害者は情報の入手や伝達に非常に不便や不安を感じている。これに対し、携帯電話からのメールによる通報を受け付ける警察や消防は増えているが、メールには輻輳に伴う時間遅延や場所特定の困難さ等の課題がある。本研究では双方向性文字通信を含む速やかなやり取りを実現し、同時に、GPSやカメラといった通報者の携帯電話の機能に応じた情報、電柱や街路灯の管理番号等によって正確な通報場所を伝えるシステムを構築する。
参画機関 ・代表機関:
  (公財)新産業創造研究機構
・構成機関:
  兵庫県立福祉のまちづくり工学研究所、兵庫県立工業利術センター、
  岡山理科大学、川重テクノサービス(株)
指輪型脈波センサー(ウェアラブルセンサー)
 NIRO研究1部では、平成10年度にMIT(マサチューセッツ工科大学)のシーズ技術をもとに、指輪型脈波センサー(ウェアラブルセンサー)の研究開発を実施した。このウェアラブルセンサーは人が常時身につけて生体信号を計測するセンサーであり、指輪形状での実用化を目指している。現状の試作品は赤色と赤外の2色のLEDの光を指に照射し、反射してくる光を解析することで、心臓の拍動による動脈の直径の変化を実時間で計測している(光電容積脈波法)。計測された信号は無線送信され、パソコン上に波形表示される。脈拍数だけの情報ではなく、波形を解析することで循環器系の異常の検知も期待される。
 平成12年度にこの技術はマイクロストーン(株)(長野県)へ移転が行われ、現在、同社において腕時計型の運動記録計として製品化されている。

マイクロストーン(株)
HPアドレス http://www.microstone.co.jp/
全方位移動車いす
NIRO研究1部では、平成10年度にMIT(マサチューセッツ工科大学)のシーズ技術をもとに、新しいタイプの全方位移動型車いすを開発した。開発にあたっては、兵庫県立総合リハビリテーションセンターの協力を得て、障害者によるフィールド試験等も実施した。平成12年度に、この技術はホオズミギア(姫路市)に移転が行われ、現在、同社では、この機構を車いす用だけではなく、広く汎用の移動機構として使用できるように検討を行っている。

寶角ギアー 電話 0792-53-0713
次世代環境制御装置
 NIRO研究1部では、障害者・高齢者が一人で安心して自立生活を営めるように、生活関連製品(電動ベット、カーテン、テレビ、エアコン、照明等)を介護者の支援なしで出来るだけ自分で操作できるような自立生活支援装置の研究開発を兵庫県立福祉のまちづくり工学研究所、三菱電機(株)、三菱電機コントロールソフトウェア(株)の協力のもと、3年間(平成12年度〜14年度)にわたり、NEDOの支援を受けて、障害者、高齢者を含めて、研究してきた。この装置は製品化され、三菱電機コントロールソフトウェア(株)より平成15年4月から販売されている。

三菱電機コントロールソフトウェア
HPアドレス http://www.mcr.co.jp/product/fukushi/mitera/mitera.htm
このページの先頭へ
NIRO (公財)新産業創造研究機構
[本部] 〒650-0046 神戸市中央区港島中町6丁目1
神戸商工会議所会館4階
tel.078-306-6800 fax.078-306-6811
賛助会員募集 組織図 リンク集
プライバシーポリシー
公益通報・相談窓口
Copyright 2003 The New Industry Research Organization. All rights reserved.