Loading...

研究・調査活動

研究・調査活動の概要

ロボット導入相談窓口

神戸市では、人手不足や生産性向上などの課題を抱える市内中小企業において、生産現場等へのロボット導入を推進し、生産性の向上・競争力の強化を図ることを目的として、ロボット導入相談窓口を平成29年5月1日よりNIROに設置します。

(※神戸市からの委託事業として、(公財)新産業創造研究機構内に設置します)

受付時間
月~金曜日 9:00~12:00、13:00~17:00(土日祝日、年末年始、NIRO指定休日を除く。H29年度は5/1・2)
電話等による事前予約が必要です。
直接窓口相談に来られる際は、担当者が不在の場合がありますので、必ずお電話等でのご予約をお願いします。
相談内容
生産工程等のロボット化や、その他、ロボット導入に関する事項について、お気軽にご相談ください。
また、窓口での相談ののほか、生産現場等を訪問し、ロボット導入に向けた課題の抽出・導入方法について相談企業の方と一緒になって検討します。

具体的には以下のような相談対応を行います。

  • どういう方法でロボットによる自動化が行えるのか
  • ロボット導入に適した機種やシステムインテグレーターの紹介
  • 導入資金獲得のための補助金制度の紹介や応募時の申請書作成等の支援
  • 既に導入を開始され、あるいは、導入済みのものでお困りごとへの技術助言
  • その他、ロボット導入に関すること
お問い合わせ
(公財)新産業創造研究機構 ロボット導入相談窓口
tel. 078-306-6801
fax. 078-306-6812
E-mail robot@niro.or.jp

神戸RT研究会について

神戸市の進める神戸RT構想の中核機関として、平成14年6月NIRO内に「神戸ロボット研究所」が設置されておりました。現在は「研究開発部門・ロボット・AI部」として、大学・民間企業・研究機関・公的団体等により組織されている「神戸RT研究会」を運営。神戸地域を中心とした災害救助、医療、福祉・介護ロボット等の研究開発プロジェクトの積極的な推進を図っています。

ロボット関連技術に関する研究開発、マッチング、各種情報(メールマガジン等)の提供等、神戸RT研究会がお手伝いします。

情報・メカトロ分野の研究

高齢化社会の進行に伴い障害を持つ可能性が高まり、介護福祉の役割、在宅医療の必要性、健康管理情報化、QOL(生活の質)の向上支援は不可欠となっています。このため、NIROでは、メカトロ技術、情報通信技術を活用して高齢者、障がい者の健康・介護福祉分野及び生活支援分野の研究に積極的に取り組んでいます。

新材料・プロセスの研究

これまで重厚長大型産業を中心として発展してきた兵庫県においては、重工業を支える広範な企業が集積しており、多くの企業が新しい材料あるいは、その製造・加工技術に関して高い水準を有しています。NIROにおいて、これらの重工業を支えるための基盤となる新材料・新製造技術に関する分野における地域産業活性化を狙った研究開発支援を実施しています。

環境・エネルギー分野の調査研究

バイオ・健康分野の調査研究

ナノテク・加工分野の調査研究

地場産業分野の調査研究

ページトップへ